潜在意識を使って4つの自由を手に入れる

4つの自由【① 経済的自由 ② 時間の自由 ③ 人間関係の自由 ④ 居住地の自由】を手に入れるため、潜在意識や脳の仕組みについて、身近な事例や体験談に基づきご案内しています。少しでもあなたのお役に立てば幸いです。

未だ手に入れていないお金をイメージする

前回の記事で、豊かさのマインドを身に付ける最適な方法は、

「あなたが望むだけのお金をすでに手に入れている自分をイメージすること」

とご案内しました。

 

しかし、あなたはこう思いませんでした?

 

やり方は分かったけど、未だ望むだけのお金を手に入れていないのに、

イメージすることは難しい❗ と。

 

実は、私も以前同じように「イメージ化」「視覚化」がなかなか出来ずに

色々と苦労してきました。

お金をイメージしようとして、ネットで「1億円」「100万円札」などの画像を検索し

それを印刷したりしましたが、家族に見られて気まずい思いをしました。

 そして気付いたことがあります。

自分が本当に欲しいのは、お金だろうか? 心の底から欲しているのは

”お金を持つことで得られる豊かなライフスタイルではないかと?”

 お金そのものが欲しいのではなく、お金を持つことで得られる様々な自由

心の豊かさ、平穏な気持ち、安定した気分、安心感を欲しているのだと

気付いたのです。

 

 そこで、次の項目を出来る限り鮮明にイメージしました。

・望んでいる職業

・どれくらいの収入を得ているか

・どのような人に囲まれて仕事をしているか

・乗っている車の車種は

・住んでいる家の佇まい

・家族の様子

・休日や長期休暇は、どのように過ごしているか

 

このように具体的な状況に分解すると、お金を持つことで得られる

”自由なライフスタイル”が、実現できる可能性が、飛躍的に高まります。

 

なぜなら、あなたの潜在意識(脳)は、鮮明にイメージしたことと

現在の状況との区別がつかないからです。

潜在意識は、イメージに服従❗するようにプログラムされています。

1日24時間中、睡眠時間を8時間マイナスすると、残り16 時間。

 

この16時間の間に、どれだけ「豊かな自分」の姿をイメージ出来るか?

先ほど案内した項目に関連するような「画像」検索を行いスマホの待ち受け画面

の設定にしたり、PCのスクリーンセーバーに貼り付けたりなど、自分の決めた

最終ゴールに関する「写真」を目にすることは、大きなモチベーションアップへ

繋がります。

 

潜在意識を活用して、より良い人生を❗

この記事がお役に立てば、幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

お金と心(マインド)の関係

以前に豊かさマインドに関して記事をアップしました。

 

改めて豊かさマインドを身に付ける方法をご案内します。

豊かさのマインドを身に付ける最適な方法は、

「あなたが望むだけのお金をすでに手に入れている自分をイメージすること」

 

一見、単純な方法に思われたかもしれません。

 

しかし、この方法が最適である理由は、次の通りです。

◉ わたしたちの潜在意識は、イメージと現実の区別が出来ないからです。

 

つまり豊かさを手にしているあなた自身のイメージをを繰り返し繰り返し

行うことで、次第に「お金」に関するネガティブな感情が消えていきます。

その結果、あなたはお金を引き寄せられるようになります。

 

潜在意識は自動的に、あなたが裕福であるという想像上のイメージ感覚が

”現実になる方法を検索し始める❗”のです。

 

⬛ 精神レベルにおける「心の豊かさマインド」が、物質世界にも現れる

 

 日本では、お金に関する話題を避ける傾向が見られるようです。

あなたの職場で、昼休みやアフター5の席で、会社の人達と「お金に関する話」を

することは頻繁にありますか? その場合あなたは、積極的に話をする方ですか?

 

芸能人のスキャンダル、プロ野球などのスポーツ関連、テレビドラマの話などは

大いに盛り上がる事が多いですが、こと「お金に関する話」は、極端に少ない

傾向があるようです。

 

理由としては、お金に関して無意識下にマイナスのイメージを持っているがあります。

お金に関して、マイナスイメージ的な例として

・ラクにお金を稼ぐ方法など、この世にはない。

・一生懸命働かないと、お金は稼げない。

・自分がお金持ちになれるはずがない。

・自分は、お金持ちとは無縁の人生だ。

・特別な才能や運に恵まれた人しか、お金持ちになれない。

・宝くじに当選でもしない限り、豊かになれない。

・儲け話には、必ずワナがある。自分はだまされない。

 

いかがでしょう?

ふだん意識しない「お金」に対して、意外とネガティブ・マイナスイメージを

抱いているのではないでしょうか?

 

わたしたちの潜在意識(無意識)は、良い事悪いこと、正しいこと正しくないこと

物事の善悪の判断がつきません。

 

◉ 潜在意識が実現へ向けて働きかけるのは、

・あなたが強くイメージすること、

・感情をともなった思考、

・繰り返し習慣化された思考です。

・自分自身に語りかけるセルフイメージ

 

あなたが「お金」に対して、例に挙げたようなマイナスイメージを抱き続ける限り

あなたの元に「お金が来ないように働きかけます」

 

重要なことは、

お金が無いから、貧しいのではありません。

自分はお金と縁がない、その思考こそがあなたが豊かでない本当の原因なのです。

現実の目に見えるお金を手にする前に、あなたの心を「溢れるほどのお金」で

満たして下さい。欲しいお金を手にした自分の姿をイメージするのです。

 

成功は二度作られる、という言葉があります。

 

今世の中に溢れる様々な商品やサービスは、必ず初めに「誰かの頭の中で思考され」

目に見えるカタチとなって現れているのです。

 

潜在意識を活用して、より良い人生を❗

この記事がお役に立てば、幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

お金を無意識へ刷り込む

多くの人が、お金が欲しい。

もっとお金があれば、苦労しないのに。

もっとお金があれば、欲しかった◯◯や△△が買えるのに、と思います。

このように思う方の多くが、四六時中「お金のことを考えているか」と

問われたら、まず99%の人達は考えていません。

そんなの当たり前だろ!仕事中に別のことを考えられるわけないだろう❗

そんな声が聞こえてきそうです。

 

実は、私もそうでした。

借金に追われ、支払いに明け暮れる日々。

「ああ、お金が欲しい」と切に願ったものでした。

ただ、よく考えてみると1日24時間、寝ている時間以外にどれだけ本気で

お金が欲しいと思ったか?と問われたら、10分に満たないくらいでした。

 

ここであなたに、よく考えて欲しいのです。

「あなたは、本当に真剣に、心の底からお金が欲しいのですか?」

 

いかがでしょう?

 

本当に心からお金が欲しいのなら、四六時中「お金のこと」を考えるハズですよね。

恋愛に例えると、好きな相手が出来たら、1日中ずっと相手のことを想っている

そんな感じでしょうか。

 

感情を伴った強烈な想いは、振動を伴った波動のエネルギーとなって、

あなたの内から外へ向けて放出されます。

その波動(エネルギー)が、同じ波動のモノを「あなた自身に引き寄せます」

 

全ての始まりは、まず「強烈な想い」です。

お金が欲しい、お金を手にしたい、絶対にお金を稼ぐ

このような強烈なお金への想い(思考)が、波動エネルギーとなってあなたから

外へ向けて放出されます。

 

すると、あなたは今まで全く意識しなかった「お金に関する」街角の広告、看板、

新聞の広告、テレビ番組やCM、ネットの情報、書籍などが不思議と目につきます。

 

今まで見ているはずなのに、見えていなかった世界が広がります。

脳科学では、これをスコトーマ(心理的盲点)と呼びます。

私達の脳は、注意や関心を向けているものしか「認識しない」構造になっています。

 

あなたが本気で心から「お金を得る」ことを願い、

「お金を手にした自分の姿をありありと想像し」

「その時に得られるであろう”感情”を、先取りして実感する」ことで

無意識へ刷り込みをする。

 

これが大きなポイントです。

 

鮮明に描かれた想像上の「未来の自分の姿」の実現へ向けて、あなたの無意識が

あらゆる手段を使って、その実現を図ろうと作用し始めます。

 

無意識に刷り込まれた「快適な状態の自分の姿」

脳は、現実と想像の区別がつきません。

 

ここで1つ注意点があります。

 

※ 想像の実現に向けて、時間差が生じるということです。

 

種を蒔いた後、芽が出るまで一定の時間が必要なように、あなたの心の中に

蒔いた「理想とする未来の自分」の実現には、一定の時間が必要です。

 

新車を購入して納車されるまでの期間、何月何日までに「自分の車が納車される」

その「確信」があるので、その日を楽しみに毎日を過ごせますよね。

それと同じ「感情」を抱きながら、「お金を手にした自分の姿」を

楽しみに毎日を過ごされてみては、いかがでしょう。

 

潜在意識を活用して、より良い人生を❗

この記事がお役に立てば、幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

オススメの書籍1

もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1452757/OhCZrcqd/




なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。


メルマガやアフィリエイト
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。


というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。


そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1452757/OhCZrcqd/

 

 

 

あらゆる業種で必要となる「セールス」のスキル。

自分は、技術系の仕事だから。

私は、デザイン関係の仕事だから。

どのようなジャンルであろうとも、商品やサービスが

売れなければ、経営として成り立ちません。

人は、なぜ物を買うのか?

人は、なぜそのサービスを利用するのか?

何がきっかけで、あなたの商品やサービスに興味を抱いたのか?

関心や興味を抱いたお客が、購入へと繋がる行動に変わるきっかけは何なのか?

購入をためらうお客の背中を一押するものは何か?

例を上げればキリがありませんが、このような疑問が見事に解ける本があります。

 

私が、一押しする書籍がコレです。

http://directlink.jp/tracking/af/1452757/OhCZrcqd/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人で複業を始める方への強い味方

それは、コレです ➡ 

フリーランスアフィリエイトプロジェクト【FAP】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人でお金を稼ぐ時に、絶対必要なものは? 

前回、「不労所得を収入源として持っておくことの重要性」の話をしました。

 

では、普段仕事をしている会社員が、一体どうやって「不労所得

の仕組みを作れるのか? 

このようなことを話すと、やり方が分からない、ノウハウを知らないと、

言う方がいます。

 

実は、私も全く同じでした。

多くの方が陥りやすいのが、「ノウハウ集め」から始めてしまう点です。

ネットで「不労所得」と検索すると、235万件もヒットします。

そして、ネット上には、簡単に、速攻で「稼げる」言葉であふれかえった

魅力的な商材がたくさんあります。

 自分自身がお金を稼ぐことが目的にもかかわらず、「お金を稼ぐ教材を購入すること」で目的を達成した気持ちになってしまいました。(まさにコレクター)

 

ここは重要なので繰り返しますね。

「お金を稼ぐ教材を購入すること」で、目的が達成したかのような錯覚を覚え

「実践しない」「行動しない」まま月日が流れていきます。そして、またネットで見つけた「速攻で簡単に稼げる系の教材」の紹介ページを熱心に読んでいる自分がいました。

 この記事を読まれているあなたは、決して私のような「失敗」をしないで下さい。

今まで潜在意識について話してきたように、お金を稼ぐ前に重要なことがあります。

 もう、お分かりですね。?

 

そうです。マインドチェンジです。

今まで、会社から給与を与えられることで、お金を得てきた方。

始業時間から、終業時刻まで会社で勤務すれば給料が与えられる、それが当たり前と刷り込まれている段階で、1人で稼ぐのはハードルが高いと思います。

 時間給(時給いくらの思考)の考え方は、時給を上げるか、働く時間を長くするか

お金を稼ぐには、2つのいずれかまたは両方を上げるしか他に手段がありません。

 しかし、この思考は自分の身に何か起き、自ら働くことが出来なくなった途端に

収入の道が絶たれてしまいます。

 

1人で、インターネットを使ってパソコンで稼ぐ

 

会社から帰宅してからの空き時間や、休日を利用して、誰とも顔を合わさず、

一人でインターネット環境の元でパソコンを使ってお金を稼ぎたい。

そう思っている多くの方がいます。私もその1人でした。

 

ここであなたにお尋ねしたい点があります。

もし、あなたがゴルフを飛躍的に上達させたいと思った時、誰に教わりたいですか?

人付き合いの良く面倒見が良い「素人の叔父さん」ですか? それとも

トーナメントで優勝経験のある「プロのゴルファー」ですか?

 

もちろん、プロのゴルファーに決まっていますよね。

ところが、ネットの世界では実に不思議な現象が起きています。

顔はイラスト、稼いだ実績も、数字や加工されたPCの画面のみ。

しかも稼いだ金額の期間が不明(1ヶ月、1年?)、その実績がつい最近の出来事。

このような得体の知れない販売者の教材を、ネットのページだけを見て、購入される人本当に多いのが現状です。かつての自分がその一人でしたのでよく分かります。

 勿論、全ての販売者を否定するわけではありません。

ただ、

 

1人で、インターネットを使ってパソコンで稼ぎたいなら

 

・過去10年以上に渡って、稼ぎ続けている人(一発屋ではない人)

 

・稼いだ実績を第三者によって証明されている証拠(写真)がある人

 

・稼ぐ前にマインドチェンジの重要さを教えてくれる人

 

・ネットを使い、一人パソコンで稼ぐスキルに特化した人

 

このような「本物のプロ」を選ぶべきです。

大きな成功を収めた方は、必ず「成功者の教えを学んでいます」

成功者の思考、考え方、物事の見方を学ぶことの重要性は計り知れません。

 

繰り返しますが、お金を稼ぐ前に大事なことは、マインドチェンジです。

 

もしあなたが、

本気で一人でインターネットを使ってパソコンで稼ぎたい

真剣に考えているなら、私が結果を出せたプログラムがあります。



ノウハウコレクターで長続きしなかった54歳の

中年親父が、逆転人生を始めることが出来た理由 ➡ マインドチェンジプログラム

 

潜在意識を活用して、より良い人生を❗

この記事がお役に立てば、幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

お金を生む活動は2つ

前回は、ひと月に100万円稼いだら何に使いますか。というタイトルの記事でした。

 

今日は、お金を生む活動に関する話です。

この世界にお金を生む活動は2つしかありません。

「人が働くか、お金に働かせるか」 

 

インターネットが普及する前は、お金を生む活動は基本的に、人が働いて(労働して)収入を得る形の労働収入(時間切り売り収入)が一般的でした。

 土地や不動産、多額の預金を持っている資産家は、自ら働かなくても収益を得る

「お金を生む仕組み」を構築しています。

 

私も小さい時から、「大人になったらどこかの会社へ就職して働く」ことが当然

と教えられて育ちました。

しかし、インターネットの普及とPC環境(通信、ネット環境)の整備、

様々な便利ソフトの登場で、従来型の「働き方そのもの」が劇的に変化しました。

 

インターネットを使って「お金を生み出す方法」が、容易に、安価に、簡単に

できる時代へと変わっています。

例えば、ヤフオク、メルカリ、アマゾンなど誰でも手軽に、商品の売買が出来ます。

また、you tube ヘ動画をアップして再生回数に応じて広告収入を手にする。

広告のリンクを貼ったホームページを作って集客を行い、訪問した方が商品やサービスを購入してもらえれば、報酬が発生するアフィリエイトなど。

 

従来ならば、広大な土地、アパートなどの不動産、多額の現預金を持たねば、

難しかった「お金を生む活動」を構築するハードルが、インターネットの登場で

大幅に低下しました。

 

 今のあなたが、1日8時間会社へ勤務する会社員であっても、帰宅後や休日の

空いた時間を使い、「インターネットを活用したお金を生む仕組み」作りを始めることは、今後絶対に必要になります。

 

 元サラリーマンの起業家の方が言われていました。

「サラリーマン(会社員)って、めちゃくちゃリスク高くないですか?」

「自分が勤めている会社が、自分が定年するまで存続する保証など全然無いのに

 生活の収入源を1つしか持たないことほど大きなリスクはない」 

こう言われてました。

 

  •  会社員を辞める理由 ●

・事故、病気で業務の継続が困難になった。

・親の介護のため。(経済的理由で外部機関へ委託が困難)

・会社都合(業績低迷、リストラ、配置転換、規模縮小に伴う営業所の閉鎖など)

 

 2016年、日本の家電業界のシャープ、東芝は、上層部が会社の方向性を見誤った為に

末端の社員たちが、大きな痛手を受けました。真面目にコツコツと会社の業績向上へ向けて仕事を頑張ってきた会社員の方々は人生設計の再考を余儀なくされたと思います。

 

 最後にまとめます。

自分が働いて、収入を得る手段を1つしか持たない方は、リスクを軽減するためにも

会社の給与以外から得る収入源を早く構築されることをおススメします。

 

そして、そのお金を使って銀行預金や保険、株式投資、FX運用、不動産投資などの

不労所得を収入源の一つとして持つことです。

 

潜在意識を活用して、より良い人生を❗

この記事がお役に立てば、幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。